セキュリティカメラの設置

Amazonの初売りでセキュリティカメラを購入。水槽からかなり距離がありますが十分に水槽の様子が確認できます。水槽の手前に置いているのがアイオーデータ製のカメラでVGAで定点撮影、スピーカーもマイクもありません。今回のカメラは自由に動き、音の確認や音声を流す事ができて、値段は半額という優れもの。写真は余計なものが写っているので切り出していますが、2Kカメラなので広範囲をみる事が出来ます。

給餌中のハナガタサンゴ

LPS系のサンゴなので光りだけでは育てる事が出来ません。魚の様にブラインドシュリンプを与えます。イソギンチャクの様なポリプがサンゴの輪郭に沿って出てきます。ノコギリヨウジウオ、オイランヨウジウオ、スポッテッドマンダリンやチンアナゴとニシキアナゴも同じ餌です。サンゴ系にはMgやCaやSrなども必要です。

Wave maker

Jebao製のtw-10を2台MasterSlaveで使用しています。450×450×500では2台も必要無いかもしれませんが、どうしても波の周期が短くなるので強制的にslow周期で運転しています。購入はAmazonで中国発送になりますが、日本のショップで1台購入する価格で2台購入してもお釣りが来ます。

見るたびに思い出す・・・

昨年末にダニエル・K・イノウエさん(さんはいらないけど)空港で購入した

お魚ワッペン?ステッカー?

見るたびに思い出すHawaii・・・あちらは今頃あったかいんだねぇ

また行きたいな。

新しく仲間入り

年末、家電コーナーで見つけてお持ち帰り。
これで我が家は住人よりもAIスピーカーのほうが多くなる・・・
かわいい子ですが
使いこなすのにはまだちょっとかかるなあ。
シールもついてて表情が変えられます
ミニオンなのだから呼び方も「ミニオン」で呼びたいが
設定にはないのが残念。

サンゴ紹介

ウミキノコとの違いがわからないのですが、ポリプが短いのがウネタケらしい。買った時も店の方がウネタケって言ってたのでウネタケなんでしょう。
近くのホームセンターで購入したスターポリプで、ポリプが長いタイプ。買った時は欠片程度の大きさだったけど成長が早い。
ウミキノコの赤ちゃんが勝手に増殖中。
チヂミトサカでショップの店員さんがライブロックから引き剥がした? もの。安いからって扱いが雑すぎる。商品が入れられた袋の中にはビー玉を少し細長くした塊が‥
今は5センチ程に育っています。ライブロックには瞬間接着剤で固定。
クサビライシ。結構飼育が難しい。直接砂の上に置かずにガラスの台の上に置いている。
コエダナガレハナサンゴの蛍光色タイプ。
ウミキノコで蛍光色ライプ。
ツツウミヅタ。増え続けていて少し困っている。
マメスナギンチャク って名前だけど一応サンゴ。数片活着していたものでゆっくりだけど増えてる。これくらいのスピードが丁度いい。
ボタンポリプ。マメスナギンチャク と一緒っぽいけどポリプの大きさが50円玉位ある。
パラオナガレハナサンゴ。これも巨大に成長している。夜はイソギンチャクの様な触手が出てくるにで花の様にも見える。

今日の海水魚

左からオイランヨウジウオ、スポッテッドマンダリン、ニシキアナゴ(手前)、チンアナゴ。サンゴ用の照明なので色の補正が難しい。