風の電話

死んだ人とは二度と会えない。だから今を大切に生きなければならない。主人公の春香は甘えん坊の世間知らず。自分だけが不幸ではない。不幸な人は沢山いて、でも、みんな頑張って生きてる。生きている意味など考えても答えなど出てくることはないが、亡き人の為にも精いっぱい生きないと。生きていることが当たり前ではなく奇跡なんだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。