New Caledonia 1日目


さて一日目出発の日です。
関空到着後エアカランカウンターへ。
早めに到着できたので一番でチェックインできました。
個人手配だったのでエアカランのwebサイトから座席指定できました。
2-4-2の配列で二人並び席を確保
お約束の機内食。出発して1時間後くらいと、到着1時間前の2回ありました。
座席はJALと比べると前が少―し狭く感じるくらいかな。
管理人嫁の必需品フットレストがついてる!それだけでもうれしいのに
後方にお菓子やカップ麺が置いてて自由にいただけるなんて♪
映画は種類は少ないものの邦画もありましたが結局いつものようにゲーム三昧でした。
22:10ニューカレドニア・ヌメア・トントゥータ空港に到着
まずは、ネットでホテル⇔空港の送迎を予約していた
SPTさんのツアーデスクへ!
*SPTさんとは(SOUTH PACIFIC TOURS)の略です。
今回はHISさんのサイトから予約しましたが、結局SPTさんの送迎になるので
直接SPTさんのサイトで予約してもよかったのね。と思いながら
受付を済ませ、外に停車中の大きな白いバスへ向かいます。
↑は空港を出て右方向すぐのバスターミナルです。
SPTさんのバスに近づくと、現地スタッフの陽気なおじさんが
片言の日本語でこんにちは!と言ってスーツケースを積み込んでくれます。
乗り込んで、ほかのお客さんが乗り込むまで少し待ちます。
車内を見渡すとWi-Fiのパスワード発見!
パスワードは運転席の上のほうに貼ってますが字が小さく、車内が暗いので(夫婦で老眼というのもありますが)停車中に前のほうに行って確認したほうがいいかも。
そうこうしてるうちにガイドさんが乗り込み動き出します。
各ホテルに到着するまでガイドさんが今後のツアー内容などについていろいろ説明してくれますが
私たち夫婦は送迎のみだったのでほぼ関係なし。
途中にヌメア市街地を通るので朝市の場所など教えてくれます。
暗いのであまりよくわかりませんが・・・
40分くらい揺られてホテル到着。ヒルトンで降りたのは私たち二人だけでした。
今回お世話になるのはヒルトン・ヌメア・プロムナードレジデンス。
すぐ近くのル・ラゴンとものすごく迷ったのですが
ヒルトンの会員になっていること、日本人スタッフがいること、などから
今回はヒルトンさんで決定しました。
ヒルトンのWebサイトから予約でしたが日本語で申し込めますし、わからないことがあれば日本語の電話問い合わせもできます。

到着したのは23:00回っていたと思います。チェックインカウンターには若い男性の現地スタッフ一人でした。(日本人スタッフいませんやん)
片言の日本語と英語でやりとりしたあとお部屋へ。
疲れたーーーー。とりあえずシャワーあびて就寝です。水圧は十分でした。
2日目へ続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です