New Caledonia 2日目 

2日目の始まりです。
どこの国へ行ってもだいたい5:30起床の我が家です。
うれしいことにヒルトンの下の階にあるパン屋さんはopenしています。
まずは腹ごしらえ。
大きさが伝わるでしょうか(笑)。
朝食後、荷物の片づけなどしてさあ向かうはヌメア市街地にある中央郵便局です。
ヒルトンのすぐ近くにバス停がありますが時刻表はあってないようなもの。
平日は本数が多いので滞在中は待つことなくすぐ乗れることが多かったように思いますが休日は極端に本数が減るので注意です。
picnicという日本語の情報誌があるのですが
すべて日本語で現地の情報やヌメア以内マップなどが載っていて
マップにはバスのルートも乗っていたので参考になりました。
私たちは送迎バスに乗り込むときにもらいましたが、ホテルのロビーなどでも貰えるようです。無料です。
中央郵便局へは10番、11番のルートバスです。
乗り込むときに運転手さんに料金を渡してチケットを購入し、すぐ横にある機会にチケットを挿入します。チケットは戻ってきますが一回きりです。
どこまで乗っても一回210cfpです。現金のみです。
おつりはもらえますが、小銭を用意しておくと便利です。
車内アナウンスがないので目的地までGoogle Mapとにらめっこしながらバスに揺られます。
朝市に行くときと同じようにマクドナルドが見えてきたらバスの壁やポールについてるブザーを押します。たくさんの人が下車するようで、すでにどなたかが押してくれていた様子。博物館前で下車することができました。
下車すると博物館横の通りをはさんですぐ横に中央郵便局を発見。
中に入ると順番待ちの発券機があり、券を取って待ちます。
結構混んでいたのもあり30分ほど待って、番号を呼ばれカウンターに行きます。
google翻訳でSIMが欲しいことを伝えますが窓口のお姉さん、英語は苦手な様子。
こちらは英語もフランス語もダメな日本人(笑)
SIMが欲しいことはわかってくれているのですが、そのあとのやり取りが進みません。「ちょっと待ってね」と言ってなんとか英語がわかるスタッフを呼んでくれ、やっとのことで購入できました。いやな顔一つせずに対応してくださったお姉さんに感謝です。二人分で12389cfp。カード支払いokでした。私たちが購入したSIMカードは料金プリペイド式になっておりあらかじめ3000cfp(約3000円)がチャージされています。
一日(24時間)400cfpで使い放題です(無制限)。説明書はSIMカードと一緒に入っていますがすべてフランス語です(涙)
3Gしか対応していないようでしたが使っていてそんなに遅くは感じませんでした。
ホテルのwifiよりはかなり快適でした。
郵便局を後にして近くの公園でSIMカードの設定が終わったころには昼近くになっていました。マルシェを少しぶらぶらしてバスでアンスバタへ戻ります。
次の目的地はホテルから歩いてすぐのパームビーチショッピングセンターにある
Mary Dツアーデスクです。
アメデ島の一日ツアーを予約しに行きました。窓口のお姉さんは英語でしたが何とか伝えることができ、金曜日なら空きがあるとのことで予約できました。2人で32400xpf。日本から予約するより2000円くらいお得かな?
空きがあって良かったー。
そのあとは口コミで人気だった「アモリーノ」のジェラートで一息ついて
スーパーオセアニアでビールなど買い出し。今夜は日本から持参したお赤飯とお味噌汁で晩御飯です。明日はカナール島行くぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です